News

【SUMMER 2020】7/12(日)20:00 ローファットコース+SIBO夏メニュー

本日5/31(日)20:00より、

ウーマンズコース夏メニューがスタート致します。

----------

meal# 1: LOWFAT+SIBO 7食セット
(低脂質コース + SIBO対応メニュー)

※小腸内細菌異常増殖[SIBO]は、腸内に存在する細菌が過剰に増殖している状態のことを言います。

1食あたり:¥600(税別)

【特徴】

高タンパクは当然ながら、
カロリーとF(脂質)値を限りなく低く設定し、
計算し尽くされた絶妙な量のC(炭水化物)値。
独自製法により、玄米とは思えないモチモチ食感を実現。
なおかつ、味にはとことんこだわった
究極のローファットコースです。

7種類セットのため、1週間毎日違うメニューが楽しめます。

真空パックの冷凍での発送のため、
鮮度が限りなく保たれます。

【SUMMER 2020】

著者 :
特別監修者 水野幸輝
https://www.instagram.com/mr.trinpia0105/

今回のローファット2020夏メニューは、
トレーニー向けの高タンパク質・低脂肪で美味しいのは今まで通りに、
低FODMAP食品と呼ばれる指定食材で、
腸内環境やSIBO(今まで良いとされていた発酵性食品や繊維で余計な腸内細菌が増えることによる不調)による内臓の不調を防ぎ、
小腸の働きを高め、
必要な栄養素の吸収を高め疲労の回復や免疫力の向上も測れる、
ダイエットにもバルクアップにも効果的な
腸内環境快復メニューとなっております。

お腹が元々弱い人やトレーニーに関わらず
ダイエットなどで高タンパク食を心がけるとどうしても起こりがちなのが、
吸収しきれなかったタンパク質の腐敗や
タンパク質を好む悪玉菌の餌になることでの
「腸内環境の乱れ」です。

それに伴い、
ヨーグルトなどの発酵食品やオリゴ糖や食物繊維などの
プレ・プロバイオティクス食品、サプリメントを使い
腸内環境を整えようとしてもなかなかよくならなかったり、
どんどん悪化してしまうということも少なくありません。
これのほとんどがSIBO『小腸内細菌異常増殖』です。

良かれと思って行った事でさらに腸内環境が悪化してしまう原因や
過敏性腸症候群と診断されていた人の85%以上が
上記で述べたSIBOだったと言われています。

これを改善する為に有効なのが、
SIBOの原因になる食品群の頭文字をとった「FODMAP」と呼ばれるものを極力使わない
本商品で使われている低FODMAP食品と呼ばれるものになります。

そうなると、
腸内環境を整えようとしても食品を低FODMAPにしていかないと
どんどんお腹にガスがたまったり
本来の小腸の働きもできず免疫力の低下や栄養吸収能力も落ちてしまい、
お腹が張ったり緩くなり、疲労も抜けなくなる症状がでます。
私はこれを知るまで、必死に繊維質やプロバイオティクスを摂取し
どんどん症状を悪化させてしまいました。(監修・水野体験談)

加えて、
ニンニクや各種ハーブなどの調味料には
異常増殖した腸内細菌を殺菌したり血行を促進し
免疫力や各種内臓機能を高めるものが使われております。
さらに胃腸の働きや、
これからの夏の季節に向けての塩分補給に
ナトリウムをやや多めに配合しております。

これらの食品を使用しながら、
MEALLABの今回の対応メニューの炭水化物は、
「FODMAP」を取り除いたことによる繊維質の低下を防ぐために
低FODMAPに対応した玄米と、
一部にはひじきごはんを使用し腸内環境を正しいものへと導きます!

※対応メニューには、メニュー表に[+SIBO]のマークが付いています。